『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

足立花火大会2017!日程、開催場所、見どころ、穴場情報をお教えします!

      2017/07/02

この記事の所要時間: 34

花火大会の切り込み隊長、足立花火大会!

image

こんにちは、花火大会って何回見に行っても楽しいですね。
関東地方でも沢山の花火大会が開催されていますが、
関東地方で最初に開催される花火大会でお馴染みの
足立花火大会を今回はご紹介いたします。

SPONSORED LINK

 

 

まずはこれを見に行かなければ夏は始まりませんよ!

 

 

【日程・開催場所】

 

足立花火大会は2017年7月23日(土)の19時30分から20時30分まで、荒川河川敷での開催が予定されています。
雨の場合は翌24日(日)になるようです。

 

 

 

つぎに会場までのアクセス方法ですが特に駐車場も
設置されていませんので電車で行くのが基本となります。
打ち上げ会場は常磐線の北千住駅から徒歩15分くらいですが、それは空いている時の話なので、当日は時間に
ゆとりをもって行動しましょう。
特にトイレは毎年苦労される方が多いのでこちら
も余裕を持って行動してくださいね。

 

 

 

ちなみに有料席もあるようですが、6月からの販売予定で、料金もまだ未定です。
毎年すぐに売り切れてしまうそうですので、
見逃さないようにしてください。

SPONSORED LINK

 

 

 

【見どころ・穴場】

 

この花火大会の特徴は1時間の間に約12,000発もの花火を打ち上げるので、とても密度の濃い時間を過ごすことが出来るところです。

 

 

 

スターマインを連射するワイドスターマインや、
名物でもあるナイアガラは大迫力で、あっという間の1時間となるでしょう。

 

 

 

次に穴場情報です。

 

 

その1

最初にご紹介するのが梅島・西荒井側の河川敷です。
打ち上げ場所から少し遠いため会場に比べて人も少なく、また、屋台も多いのでお祭を楽しむのであれば、
こちらがオススメです。
スカイツリーも一緒に見える位置なので、ライトアップされたスカイツリーと花火の競演も楽しむことができます。

 

 

 

その2

次にご紹介するのは、扇大橋付近です。
会場から少し距離はありますが、家族連れであればこちらの方が、行き帰りの大混雑で迷子になる心配も少なくて済みます。
見通しも良いので、綺麗に花火を見れますから、こちらもオススメです。

 

 

その3

最後にご紹介するのはスカイツリーです。
当然、当日は混雑しますが、うまく場所を取れれば、
綺麗な花火を見下ろすことができます。
まだスカイツリーに登ったことがない方はこの機会にぜひ両方を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

【最後に】

100年以上の歴史がある足立花火大会ですが、最近はニュースでも取り上げられているように、マナーの悪い一部の人たちが芝生にペンキで場所取りをしたりして問題になっています。
このままマナーの悪い人達が増えるとそれに対応するために予算が割かれて結果、花火の打ち上げ数を減らさざるえないという事にもなりかねません。
みんなの楽しい花火大会を守るためにもマナーを守って、素敵な夏の思い出を作りましょう。

SPONSORED LINK

 - 夏祭り, 花火, 花火大会, 足立花火大会, 関東