『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

秋の七草(ななくさ)の時期はいつ?覚え方や花言葉について。

   

この記事の所要時間: 40

秋の七草(ななくさ)の覚え方

秋の七草って聞いたことがありますか?

お正月の七草粥で耳にする「春の七草」はよく聞くけれど、秋にも七草があるの?と思うかたも多いでしょう。

SPONSORED LINK

 

秋の七草は、はるか昔の平安時代.
万葉集に登場する秋の草花を、秋のお彼岸に鑑賞して楽しむ物なのです。

 

★七草の種類は?

 

萩(萩)・・・マメ科の植物です。ピンク色の花で、花言葉は「思案」です。

image

(萩の写真)

 

桔梗(ききょう)・・・アサガオを万葉集では桔梗とよんだとされています。桔梗は青紫

で、秋は花店でよく見かけます。花言葉は「誠実」です。

image

(桔梗の写真)

 

葛(くず)・・・お菓子の葛もち、葛きりは、葛の根からとった葛粉で作ります。濃いピンクの花で、花言葉は「芯の強さ」です。

image

(葛の写真)

 

女郎花(おみなえし)・・・万葉集では、たおやかな美人をあらわしていて黄色の花です。花言葉は「美人」

image

(女郎花の写真)

 

藤袴(ふじばかま)・・・香りの強い花です。芯は紫の白い花で、花言葉は「ためらい」です。

image

(藤袴の写真)

 

薄(すすき)・・・オバナとも言います。秋の代表選手のすすきは、土手などで風に吹かれていますよ。花言葉は「活力」です。

SPONSORED LINK

image

(薄の写真)

 

撫子(なでしこ)・・・日本の女性の象徴的な花です。「大和なでしこ」「なでしこジャパン」で耳にしますね。女子校で、校章になっていたり。花言葉は「純愛」です。

image

(撫子の写真)

★覚え方

実は、上記では数え歌「五七五七七」の順で並べました。

 

ハギ・キキョウ クズ・オミナエシ フジバカマ オバナ・ナデシコ
アキノナナクサ です。

 

昔の子供は、直にこの植物を見ていましたから、聴覚と視覚で覚えることがたやすかったのでしょう。

★ゴロ合わせ

今は、ゴロ合わせで覚える方法があります。

 

「お・す・き・な・ふ・く・は」
お・・おみなえし
す・・すすき
き・・ききょう
な・・なでしこ
ふ・・ふじばかま
く・・くず
は・・はぎ

 

数え歌と平行して覚えると、覚えやすくなりますよ。

★時期は?

秋のお彼岸。秋分の日ごろです。

 

ちなみに、秋のお彼岸には『おはぎ』をそなえますね。

 

御萩とも書くのですが、これは秋の七草のはぎの事ですよ。

 

★秋の七草はどこで見られる?

昭和、平成になって、道は急激にアスファルト化しています。

 

秋の七草も、昔は舗装されていなかった路地や空き地。整備されていない河原などでは都市部でも見ることができたようです。

 

外来の植物に押された時期もありましたが、すすきは強くて、河原などで見ることができます。

 

反対に、自然環境では、かわらなでしこ、おみなえし、ふじばかま、ききょうは、非常に減少していて存続の危機にあります。

 

各地の植物園では、栽培されていますから、秋の涼しい日に見に行くのもおすすめです。

 

東京なら、「小石川植物園」「神大植物公園」「殿ヶ谷戸庭園」「向島百花園」

 

名古屋の「東山動植物公園」

 

「京都府立植物園」「大阪市長居植物園」「神戸森林植物園」などです。

 

絶滅危惧種の動物が動物園で保護されて繁殖しているように、植物も保護されているのですね。

 

★万葉集と秋の七草

最初に、万葉集に出てくる草花と書きましたが、秋の七草は登場回数が多いのです。

 

有名な歌人。山上憶良(やまのうえのおくら)は『秋の野に 咲きたる花を
指折り(および折り) かき数ふれば 七草の花』と詠んでいます。

 

万葉の歌人は、花や山、月などの自然と、女性を詠んだ歌が多いですね。

 

夜間は真っ暗な夜は月を。色の表現には花を。女性のたおやかさや美しさも花にみたてていたのでしょう。

 

鮮やかな色とりどりの花も綺麗。けれども、野に咲く可憐な草花の姿も見たくなりますね。

 

この秋は、植物園に出かけてみたいと思いませんか?

SPONSORED LINK

 - 季節,