『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

コーヒーのカフェインの効果とは? 時間や量、危険性はどうか

      2017/06/30

この記事の所要時間: 316

今回は

コーヒーの効能効果とは何か?

についてです。

SPONSORED LINK

 

私は年に数回しかコーヒーを飲みませんが、無性に飲みたくなる時があります。

美味しそうな写真や匂いを嗅いだ時です。

 

ですが同時になんかキツイ感覚も同時に覚えます。

(カフェインが入っているからなのでしょうか?)

今日はコーヒーの記事を見て久しぶりに飲んだのでこのテーマにしました。

特に自分が気になる利点を取り上げ、わかりやすくまとめました。

 

コーヒーにはこんな効果や効能があるみたいです。

代表的なコーヒーのメリットは

病気のリスクを下げる働きがある

コーヒーを飲むと心血管疾患、パーキンソン病、糖尿病、神経疾患などのリスクを低下させることができるようです。

1日に3杯から5杯のコーヒーを飲むと、飲まない人に比べ15%リスクを減らすことができるようなので健康面の管理に良いですね。

また肝硬変になるリスクも抑えられるようなのでお酒を飲む人にもうってつけです。

また糖尿病の予防にも良いそうです。

 

記憶力と集中力あがる

記憶を定着させたい時や集中したい時に効果があるようです。

眠気を抑える作用もあるので脳をシャキッとさせることができます。

これは大事な要素ですね。集中力アップを目指すなら砂糖を入れて飲んだ方が良いみたいです。

 

アンチエイジングやダイエット効果も

コーヒーに含まれるカフェインには脂肪を燃やす効果が有るようです。
運動する20分から30分前にコーヒーを飲むことで脂肪酸濃度が上昇し、より効率的に作用するみたいです。

SPONSORED LINK

 

コーヒーには抗酸化作用があり、野菜や果物以上に抗酸化物質が含まれているみたいです。

また吸収率も非常に高いので老化を防ぐ効果が期待できます。

 

デメリットは?

デメリットとしてはカフェインが入っているので摂取し過ぎると寝れなくなったり、耐性がついて効きにくくなることです。

また胃が荒れたり、貧血になってしまう人もいるようです。

 

調べてみて

人によって適量というのは様々なのでコーヒーは自分にあった適量を飲む。

これが上手にコーヒー飲む秘訣ですね。

継続時間も平均して4〜5時間ですからそれも頭に入れておいた方が良いですね。

適量を探るためにも、また飲みすぎないためにもゆっくりと少しずつ飲むようにしましょう。

 

コーヒーの適量はどれくらい?

コーヒーの適量は人によって様々ですが最大で一日500mlと言われています。

これくらいにおさえておけばコーヒーの良い部分だけをとりいれることができ、デメリットの部分に触れることはありません。

人は抗体がついてきますのでどんどん飲めるようになってきますのでくれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

 

コーヒーを飲む最適な時間

コーヒーを飲むのに良いとされる時間帯は午後2時ごろと言われています。

それ以外の時間帯ではストレスホルモンの量が下がり始める午前9時半~午前11時半の間がよいとされいます。

逆に午後12時~午後1時と5時半~6時半は再びストレスホルモンの量が上がるので飲まないほうがよいでしょう。

カフェインの効果は最低でも4時間続くとされいるので寝る前はさけましょう。

 

カフェインの危険性

カフェインの過剰摂取は非常に危険です。

適量を飲むことに心がけ上手にカフェインと付き合っていきましょう。

詳細はこちらを参考にしてみてください。

http://amanita.ldblog.jp/archives/26399290.html

SPONSORED LINK

 - おすすめ, コーヒー, 効能 , , , , ,