『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

DIYで洗面所・脱衣室をリフォームしませんか?壁紙、洗面台の交換、賃貸でもできるスペースつくりなどの方法について。

      2016/07/10

この記事の所要時間: 257

DIYで洗面・脱衣室をリフォーム

image

SPONSORED LINK

~洗面・脱衣室を明るくする~

洗面所は単に顔洗うといった場所ではなく、メイクやドレッサーなどにも使われる大切な場所です。

また、一日の始まりを教えてくれる場所でもあります。そんな大切な洗面場の壁が暗い感じの壁紙ではなんとなく気が滅入ってしまい、一日に活力も沸いてきません。

そこで、洗面所の壁を明るい感じのクロスに交換してみてはどうでしょうか?

最近の壁紙は、糊がなくても貼れるタイプが豊富に出回っていますし、古い壁紙の上からでも貼れるものもありますので、初めてという方にも手軽に挑戦することができます。

~洗面台も交換してみては?~

壁紙を新しくするついでに洗面台も交換してみてはどうでしょうか?

洗面台にも色々な種類のものが販売されるようになりました。以前は、水道設備業者やリフォーム業者・工務店といった方しか手に入らなかったのですが、近頃では、ホームセンターなどで手軽に手に入るようになってきました。

しかし、洗面台の交換となると、給水・給湯の接続や排水管の接続など難しそうに思いますが、最近のものは意外と簡単に取り外しや取り付けが出来るようになっています。

まずは、給湯・給水ですが、接続管にワンタッチで取り付けることができますので、初めての方でも簡単に接続することができます。

SPONSORED LINK

従来のものは少し工具がいりますがそれでも大昔に比べて簡単に取り付けることができます。

接続する時は念のために、止水栓を閉めてから作業を行うようにして下さい。

また、万一失敗した時は、速やかに専門の業者を呼ぶようにして下さい。水だけでしたら少し時間がかかっても大丈夫ですが、給湯の場合は給湯器の関係もありますので注意して下さい。

~脱衣室を広く使い勝手のよい空間に~

洗面所と脱衣場が一緒になっている住まいは多くあると思います。

脱衣所に洗面台を置いて、その横に洗濯機があるというのが一般的な間取りで、通常2畳~3畳程度の広さで冗談でも広いとは言えません。

また、洗面・脱衣場には洗剤やタオルといったものをストックしている場合が多くあります。

そこで、洗濯機の上に棚を作ってみませんか?

戸建てや分譲マンションの場合は、持ち主が自分ですので、釘を打とうがビス止めしようが自由ですが、賃貸の場合はそう簡単にいきません。また、大家さんに棚を作ってほしいとは言えません。そこで、登場するのがディアウォールという金物です。これはホームセンターなどで手に入れることができます。
この道具は木材の上下に挟んで木材を突っ張り棒のようにして柱を作る金物です。この金物と木材を使って柱を建て、その柱に棚受けなどを使って棚を取り付けます。少し頑丈にしておくと、多少重量があるものでも収納することができます。
また、柱の間に突っ張り棒を取り付けフックを掛けておくと、小物をぶら下げておくこともできますし、最近、お風呂の残り湯を利用して洗濯する際に必要となる電動ポンプもそこに引っ掛けて収納しておくことができます。

この方法で柱を取り付け場合、壁には一切釘やビスを使いませんので、賃貸住宅でも安心して取り付けることができますし、退居する場合も簡単に取り外すことができ、次の居住先に取り付けることもできますので便利です。

 

いかがでしたでしょうか?

 

毎日使う洗面台をより使いやすい場所にするヒントになれば幸いです。

SPONSORED LINK

 - diy, リフォーム, 洗面台, 賃貸