『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

読書感想文の書き方。小学校低学年高学年の児童へ。なかなか書けない!って迷っているならこれを読んでみて。

   

この記事の所要時間: 356

読書感想文の書き方。小学校低学年高学年の児童へ。

 

 

image

本を選ぼう。

 

 

自由に本を選べる場合は、図書館に行ってみましょう。

SPONSORED LINK

 

 

小学生用の本棚があります。あいうえお順に本が並んでいますね。

 

 

題名を見て面白く感じた本を3冊選びます。

 

 

そして、必ず第1章を読んで下さい。
さあ、3冊読んでみて、続きが読みたい本がありましたか?

 

 

どうなるのかな?気になるな?と思った本が無ければ、もう一度棚に戻って選びます。

 

 

気になる本が見つかれば、その本と出会ったことになるのです。

 

 

 

学校で決まっている場合

 

 

 

この場合は、『読書感想文コンクール『に応募する事がありますね。

 

 

皆が同じ本を読み、いろいろな感想文を書くのです。

 

 

 

いよいよ本は決定!

それでは、本を最後まで読みましょう。

 

 

そこで提案です。

 

 

読みながら気になった言葉や、主人公に感心したシーン。

 

 

また、意味のわからない言葉。

 

 

これらをメモしておくのです。

SPONSORED LINK

 

 

何ページの何行目と書いておけば、そのメモを参考にしながら感想文が書けます。

 

 

具体的な例を上げながら書くので、読み手に理解しやすい分になりますよ。

 

 

 

あらすじは必要?

 

 

 

自由に本を選んだ場合は必要ですね。

 

 

3行から5行で良いでしょう。

 

 

あまり長いと、感想を書くところが少なくなってしまいます。

 

 

どうして心に残ったのか?主人公のどんなところに魅力があるのか。

 

 

どしどし書いてみましょう。

 

 

 

読書感想文という課題って?

 

 

 

読書の良さを感じて欲しいから宿題になるのだと思うのです。

 

 

ですから、カッコ良く書こうとか、原稿用紙の升目を埋めれば良いんだろうとか考えては寂しくないですか?

 

 

折角なら、主人公と会話するつもりで書いてあるか。と思えませんか?
何でこんなことしたんだ?私ならどうする?というふうに考えてみるのです。

 

 

 

書き終わったら・・

 

 

 

必ず音読してみましょう。音読をすると、文のつながりが出来ているか?

 

 

相手に伝わるように書いてあるか。チェックができるのです。

 

 

大切な事ですよ。

 

 

 

文集を読む。

 

 

 

感想文を提出すると、皆の前で発表しませんか?

 

 

または、文集に載る場合もありますよね。

 

 

そんな時、特に同じ本を読んだ時。

 

 

文集を読んでみましょう。
同じ経験をしても思い出はそれぞれ違うように、感想文の視点もそれぞれです。

 

 

皆が見つける事ができなかった主人公の気持ちを、あなただけがわかっているかも。

 

 

また、あなたの知らなかった友達の感じ方も分かるでしょう。

SPONSORED LINK

 - 読書感想文