『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

庭いじり庭仕事の時にDIYで必要なグッズ-土いじりの道具と花の種類

      2017/07/02

この記事の所要時間: 256

ガーデニング初心者でも大丈夫! 花壇で育てたい夏の花について 用意する物と花の種類をご紹介。

image

これから日差しが強く、植物たちが生き生きと輝く季節がやってきます。

SPONSORED LINK

 

太陽の恵みの恩恵を、ご自宅に受けてみてはいかがでしょう?
ガーデニングで色とりどりの花を咲かせ、ご自宅を華やかにしてみたらきっと気分も明るくなりますよ。
でも、ガーデニングって凝り性の人じゃないと無理なんじゃない?とか、夏に咲く花が分からない、と思われる方も多いことと存じます。
ですので、今回は初心者の方に分かりやすく、比較的手間のかからない夏の花についてご紹介します。

 

 

ガーデニングで必要な道具

 

まず、ガーデニングで必要な道具を見てみましょう。

 

・スコップ(小さなシャベル)

まず一番に必要なのがこのスコップです。
地域によってはシャベルとも言いますが、ここではスコップ(片手で土を起こす道具)と呼ばせて頂きます。

 

・如雨露

これも欠かせない道具です。

 

・園芸用手袋

市販のゴム手袋や軍手でも構わないのですが、深く土を掘ったり、万が一のために園芸用の肘まで隠してくれるものをオススメします。

SPONSORED LINK

 

・培養土

普通の土でも育ちますが、栄養をたっぷり摂ったほうがすくすく育つのは植物も人間と同じですね。

 

これらの道具は全てホームセンターで揃いますので、ぜひ一度お手に取ってみてください。

 

夏に咲く花

では、どのような花が夏に咲くのか、今回は夏に咲く花の中でも比較的育てやすいものを一部選んでご紹介します。

 

一年草(種まきから枯れるまでの期間が一年程度のもの)

 

・インパチエンス

半日陰でも咲いてくれる、初夏から秋までが見ごろの花です。
色は赤・白・ピンク・オレンジや、それらの中間色など、彩り豊かです。

 

・千日紅

真夏の暑さにもめげず、丈夫な花です。
夏から秋にかけて、赤・白・ピンク・紫などの色で楽しませてくれます。
ドライフラワーとしても最適ですよ!

・トレニア

夏に咲く花の中でも、寒色系の色で咲き誇る珍しい花です。
乾燥をもっとも苦手とするので、出来るだけ表面が乾いたらお水をあげるようにしてください。

多年草(毎年咲く花)

 

・カザニア

春から秋にかけて、長期にわたって楽しませてくれる赤・黄色・ピンクなどの色を付ける花です。
暑さに強いのですが、寒さに弱いので、霜などには注意が必要です。

 

・ペンタス

 

夏の直射日光を好むペンタスはとても育てやすく、赤・白・ピンク・紫色の花を咲かせます。
初夏から秋まで、ボリュームたっぷりの花で人々を魅了します。

 

最後に

いかがでしたか?今回は夏の花壇に咲く花でもとりわけ育てやすく丈夫な花をご紹介させて頂きました。

 

一年草も多年草もそれぞれメリット・デメリットがあるので組み合わせて植えるのがベストです。

 

水やりをしっかりすれば夏の間ずっと私たちの目を楽しませてくれる上記の花々で、今年の夏を色彩豊かに過ごしてみるのも良いのではないでしょうか。

SPONSORED LINK

 - ガーデニング, 花壇