『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

日焼けで痛い時の対処方法って?市販の薬で治そう!

      2016/05/24

この記事の所要時間: 39

日焼けで痛い時の対処方法って?市販の薬で治そう!

 

運動会やバーベキューなど、これから屋外で過ごすことが増える季節となっていますが、日焼け対策をせず、ついつい日差しを長時間浴びてしまい、肌が真っ赤になってヒリヒリと痛くなってしまった経験はありませんか?

 

 

実はこの日焼けした肌は「火傷」と同じ状態になっています。

SPONSORED LINK

 

 

何もケアをせずにそのままほおっておくと、水膨れが出来てしまったり、シミになってしまったりなど、肌トラブルが起こってしまいます。

 

 

とにかく第一にすることは、「冷やすこと」なのですが、広範囲で日焼けをしてしまった肌は冷やすことも大変ですよね。

 

 

おすすめ

 

 

オススメの方法はタオルを水で濡らして、エアコンや扇風機などの風を当てると冷たさをキープできます。

 

 

それでも、なかなか直ぐには改善できないのですが、日差しで焼け焦げてしまった肌は水分が奪われてしまっているので、まずは化粧水などで水分をしっかりと補ってあげましょう。

 

 
ところで、日焼け後用のアフターケア用にいろんな商品が市販されています。

 

 

炎症を起こしている肌には出来るだけいろんな成分が入っていない、ピュアなものを使ってください。

 

 

特にオススメの物は、アベンヌウォーターです。

SPONSORED LINK

 

 

コットンに含ませてローションパックをしてあげるのも効果的です。ローションパックをするときは、5分程度にしておきましょう。

 

 

あまり長時間ローションパックをすると、せっかくローションパックで補った水分が、逆にコットンに吸収されてしまって乾燥しやすくなってしまうことがありますので注意してください。

 

 

保湿

 

そして、補ったお肌の水分が奪われないように、保湿を必ずしてあげてください。

 

 

特に夏場は汗をかくため保湿クリームは使いにくいのですが、エアコンの中にいると乾燥機の中にいる状態と言っていい環境にありますので、保湿クリームはとても大切なケアアイテムです。

 

 

通常の保湿クリームではなく、日焼け用や火傷用の市販の塗り薬を保湿代わりに塗ると、肌の消炎効果もあるため、とても治りが早くなります。

 

 

この時、市販薬では非ステロイド抗炎症外用薬(皮膚炎用)を選びましょう。消炎作用があり、ステロイドを使用していないので副作用のリスクもなくオススメです。

 

 

一般的によく知られているのはオロナインH軟膏です。

 
アロエの成分が入ったクリームや塗り薬は火傷にとてもオススメです。

 
日焼けの炎症が治まってくると皮がめくれてきますが、この時も無理にはがさないようにしましょう。

 

 

この時期には、ワセリンなどの保湿剤をつけておきましょう。

 

 

とにかく日焼けの後は十分に冷やして炎症を早く取り除くこと、そして水分を補い、保湿することです。是非お試しください。

SPONSORED LINK

 - 対策, 日焼け , , , ,