『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

海外旅行に行く時の携帯の設定ってどうすれば良い?高額請求にならないために

      2016/05/24

この記事の所要時間: 624

海外旅行に行く時の携帯の設定ってどうすれば良い?高額請求にならないために

 

 

今から約10年前のガラケー全盛期、海外旅行に行く際は普段日本国内で利用している携帯の機種がそのまま海外で利用できないことの方が多く、帰国するまで大きなストレスの種でしたね。

 

 

しかし、時は経ち2016年となった現在、携帯電話はスマホが主流となり、普段利用しているスマホは殆どそのまま海外で利用できるようになりました。

SPONSORED LINK

 

 

しかし気をつけてください。

 

 

そこには大きな落とし穴があるのです。

 

 

海外でスマホやタブレット端末でインターネットに接続する際には、データ通信の「ローミング」が発生します。

 

 

ローミングとは、あなたが普段利用しているキャリア(docomoやauやSoftBankなど)の電波が届かない海外で、それぞれのキャリアが現地のキャリアと提携して現地の電波網を間借りすることによって自社の通信を可能にするという仕組みです。

 

 

大抵のスマホではこのローミングが自動的に行われるよう設定されているので、海外に到着した際にはもはや殆どの国や地域で、電源を入れるだけですぐにいつもどおりにインターネットが利用可能になります。
ところが、ここに大きな罠があるのです。

 

 

このローミングによる通信には、各キャリアが日本国内で独自に展開する「パケット定額サービス」などの割引プランは適用されないのです。

 

 

つまり、そのままでは通信した分だけ料金が永遠に課されてしまうので、桁外れな額に跳ね上がってしまうのです。

 

 

楽しかった海外旅行、その思い出に浸る数ヶ月後おもむろにスマホの請求書を開いてみると、なんとそこには普段の5倍の額が記載されていた!なんてことが往々にしてあるのです。

 

 

せっかくの楽しい思い出が台無しに・・。

 

通信料を高額にさせない為に

 

そこで、海外で通信料をこのような高額にさせないためには次の3つの方法が考えられます。

 

1.「海外専用のパケット定額プランを使う」

 

2. 「通信回線をオフに設定する」

 

3. 「Wi-Fiを利用する」

 

という方法です。

 

1. 「海外専用のパケット定額プランを使う」

 

まず、海外旅行前に行き先の国で自分のスマホが使えるかを調べておきましょう。

 

 

そして、各キャリアはこのような高額請求を避けるために別途「海外パケット定額プラン」を設定しているので、事前にそれに申し込んでおきましょう。

 

 

 

また、前述の「ローミング」のサービスは世界的に広がっていますが、まれに「ローミング」に対応していない国や地域も存在しますので要注意です。

SPONSORED LINK

 

 

さらには、電話やSMS(ショートメッセージサービス)の「音声通話ローミング」に対応していても、メール(MMS)やインターネットに接続する「データローミング」には対応していない地域などもありますし、各キャリアの「海外

 

 

パケット定額プラン」が適用される地域かという確認も必要になってきます。

 

 

 

実際に各キャリアのホームページを確認してみましょう。

 

 

docomo: 海外でつかうときの通話・通信料・サービスエリア検索

 

 

au: エリア・料金:海外で使う(グローバルパスポート)

 

 

SoftBank: サービスエリア・料金

 

 

行き先のサービス状況が判明したら、自分のスマホが海外で使えるようになっているか確認しましょう。

 

 

契約時に申し込んでいる場合が大半ですが確認しておいたほうが安全です。ホームページやショップで確認や申し込みができます。

 

 

ドコモは「WORLD WING」、SoftBankは「世界対応ケータイ」、auは改めて申し込む必要はありませんがローミングエリア情報を最新バージョンに更新する必要がありますので、「*5050」に電話をかけてガイダンスを聞きましょう。

 

 

そうすると更新できます。

 

2. 「通信回線をオフにする」

 

到着前にスマホの設定を変更し、通信回線をオフにしてしまいます。

 

 

そうすれば、自動的にローミング通信が発生することはないので高額請求をされることはありません。

 

iPhoneの設定方法
「設定」から「モバイルデータ通信」→「ローミング」に進み、「音声通話ローミング」「データローミング」「グローバルCDMA」を全てオフにします。

*Androidの設定方法
「設定」から「無線とネットワーク」→「もっと見る」→「モバイルネットワーク」に進み、「データローミング」をオフにします。

 

Android、ドコモ・SoftBankのiPhoneはこの設定で、auのiPhoneでは「音声通話ローミング」をオンにすれば電話やSMSは利用可能です。また、SMSの受信は無料ですが、SMSの送信・電話の利用は通信料が発生するので、通話をするのはなるべく避けたほうがよさそうです。

3. 「Wi-Fiを利用する」

 

日本でも最近は増えてきましたが、海外と比べるとまだまだWi-Fiは普及していません。

 

空港や駅、ホテルやその他の公共施設ではWi-Fiが使える可能性が高いので、「海外パケット定額プラン」には入らずWi-Fiを利用するという方法もあります。無料Wi-Fiなら当然通信料はかかりません。

 

スマホの「データローミング」の設定はオフのままにして、Wi-Fiに接続してみましょう。「機内モード」の状態でも大丈夫です。

 

 

Wi-Fiの中には有料のものや、IDとパスワードが必要なものもあります。

 

 

使い方がわからない場合は、施設のインフォメーションなどに尋ねてみましょう。

いかがでしたか?

 

便利なスマホにも意外な落とし穴があることがおわかりいただけたと思います。

 

せっかくの海外旅行、出発前のほんの一手間でより快適なものにしたいですよね。

 

それでは、Have a nice trip ! 良い旅を!

SPONSORED LINK

 - iphone, wifi, 携帯, 海外旅行 , , , , ,