『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

介護ベッドメイキングの手順は?起こし方、移動の仕方など現役ヘルパーさんがポイントをお教えします!

   

この記事の所要時間: 343

1. まず始めに介護ベッドってどんなもの?

image

介護ベッドには大きく分けて3つの機能があります。

SPONSORED LINK

 

1つ目は全体の高さが上下するハイロー機能、

2つ目は背中が上がってくるギャッジアップ機能、

そして足元が単体で上がる足上げ機能、

 

この3つのモーターにより電気で動く仕様となっております。

 

 

それぞれこの機能はお手元のリモコンによってご本人、または介護者の方が操作し、自立支援や介護負担の軽減などにとても役立つ機能となっています。

 

 

2. ベッド上での排泄の片付けって大変?

 

 

やはり排泄介護というものは、する側される側にとって共に気が引けてしまう事かもしれませんが介護する上で避けては通れない道。

 

そこで少しでもお役に立てればとベッドメイキングのポイントや、少しの手間でササっと片付けができてしまうグッズなどをご紹介します。

 

 

まずメイキングのポイントとしましては、ベッド上に乗っているもの枕などを移動しておき、汚れたシーツから排泄物、食べカス、皮膚やフケなどがマットレスに落ちないよう四隅から中央に丸めていきます。

 

そして新しいシーツをマットレスの中心に合わせて被せます。今は手間が省けるシーツ周りがゴムになっているものが支流になっていますが、ここでは一枚物のシーツで進めていきます。

 

次にシーツがシワにならないようピンと張りながら一箇所づつ三角折という方法で折っていきます。

 

 

その時どうしてもシーツが動いたり、ずれたりといった事がおこります。ですのでここでポイントをお教えします。

SPONSORED LINK

 

折り込んでいる箇所以外を、お布団バサミで挟んでおくと動かず初心者でもやりやすく行えます、シーツのシワによる褥瘡(床ずれ)は原因としてはよくある事なので注意が必要です。

 

そこで少しぐらいの排泄漏れであればシーツの上に敷くだけの防水シーツという物もあります、これは本人の腰のあたりにだけ敷くものになる為、シーツまで汚れていなければ防水シーツそのものだけを交換すればよいというわけです。

 

3. シーツ交換する前に本人を車イスにスムーズに移乗したい!

 

移乗の際に介護者が腰を痛めてしまうってよくある事です。そんな時に便利なのが肘跳ね上げ式の車イスです。
まず先ほどご紹介しましたギャッジアップ機能を使い少しづつ本人の身体を起こします。

 

一気に起こすと眩暈などの原因にもなる為です。

 

そして足だけを降りたい方に下ろしていただき、今度は介護ベッドのハイロー機能を使い移乗したい車イスの座る位置より気持ち高く設定し、ベッドの側面まで近づきお尻を少しスライドするような格好でスムーズに移乗します。

 

車イスからベッドへの移乗の時は逆にベッドを車イスの座っている高さより気持ち低く設定します。更にスライディングボードと言うベッドと車イスに橋をかけ、お尻を滑らせて移乗するといったような便利な福祉用具もあります。

 

これら車イス 介護ベッド スライディングボード等様々な便利な物が介護保険によってレンタルも可能です。

 

但し介護度によってはレンタル出来ない物もある為、各市町村の介護保険課に相談してみましょう。

 

4. 最後に

 

こういった介護の知識が無いが為に高額な介護ベッドの購入や、亡くなられた後の廃棄、もしくは途中故障などによる修理代など、金銭面での出費などを考えると精神的にも体力的にも参ってしまいます。

 

今回この記事では、介護のほんの一部をご紹介したにすぎません。少しでも介護負担を減らす為、様々なサービスを使い、これからの高齢化社会をどう乗り切るかを考えて、私たちは生きていかなければなりません。

 

これからの明るい未来の為に…

 

by wacky

SPONSORED LINK

 - 介護, 介護ベッド