『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

キッチンマットの必要性と役割-メリットデメリット代用品遮音やお手入れについて

      2017/07/02

この記事の所要時間: 63

~キッチンマットの必要性とは~

 

 

皆さんのキッチンにはマットを使っていますか?はいと答える方たちはたくさんいらっしゃると思います。

 

ただ使っている人は何のためですか?また使っていない方はどうして使わないのですか?

 

とこういった質問を投げかけると、首をひねる方々も多くいらっしゃるかも知れません。使う目的というのは一体何なのでしょうか?

 

今回はキッチンマットの重要性、必要性について考えていくことにしましょう。

~キッチンマットのメリット~

キッチンは当然のことながら調理をする場所です。調理をするにあたり野菜を切ったり、魚をさばいたり、煮炊きものや揚げ物など色々な作業を行います。その際に切り屑や油がはねて床を汚す、あるいは調味料をこぼしたりしてしまいます。

 

そのような時にキッチンマットを敷いておけば直接床を汚す心配はありません。また、手が滑ってコップやお皿などを落としたとしてもキッチンマットがクッションとなりコップやお皿の破損を防いでくれます。特に小さな子さんのいるご家庭では、コップやお皿などが割れて飛び散ると大けがの原因ともなります。

 

ところで夏場のキッチンでの作業は意外と足を冷やしてしまっているのです。

 

冬場じゃないのという声も聞こえてきますが、実は夏場の方が足を冷やしているのです。それは体感温度が暑いと感じているので、どうしてもクーラー(エアコン)を使います。皆さんもご存知だと思いますが、冷気は重いですので足元に集中してしまうのです。

 

また、夏場は素足の方が多いですので、どうしても知らず知らずのうちに足を冷やしてしまっています。そこで、キッチンマットによって冷えるのを緩和してくれているのです。

 

また最近では遮音を売りにしているキッチンマットも多々あります。

 

赤ちゃんや小さいお子さんが寝てしまった場合にも足音が邪魔にならずにお勝手作業ができますね。

 

~キッチンマットのデメリット~

このようにキッチンマットには色々な役割というか必要性があります。しかし、意外とキッチンマットは必要ないと言われる方も少なからずいるのは何故でしょうか?

 

その理由の一つに、キッチンマットが直ぐに汚れてしまい汚く見えてしまうというのがあります。確かに、キッチンマットの上に調味料、特に醤油やソースなどの色の濃いものをこぼしてしまうとそこがシミになりますし、洗濯をしても汚れが落ちないので、キッチンマットを買い替えなくてはならなくなります。

 

その費用も馬鹿にならないので使っていないという方や、キッチンを掃除する時にキッチンマットが邪魔で掃除がしにくいというデメリットもあります。

~キッチンマットの代用品は~

キッチンマットの代用品としてビニールシートなどがありますが、実はこのビニールシートも曲者で、意外と湿気がこもってしまい、床の裏面にカビが浸透してしまっていることもあります。

 

こまめにシートを剥がしてシートを干したり、水気が無くなるまで毎日拭き取るといった作業が必要になります。また、指摘をはじきますので、醤油やソースなどをこぼしてしまいスリッパや素足で知らずにその上を歩いてしまうと足の裏に汚れが付き、違う個所まで汚してしまうということもあります。

~キッチンマットの手入れは~

キッチンマットは汚れが目立つようになってから洗うのではなく、汚れる前に洗うのが一番よいのです。

 

それでも目に見えない汚れがついているものです。また、毎日掃除機をかけるだけでもかなり効果があります。キッチンマットを選ぶ際には、汚れの目立つものを選ぶと以外と綺麗に使うことができます。なぜなら少しの汚れも目立ちますので、こまめに洗うようになるからです。
皆さんも色々と工夫をしながらキッチンマットを使ってみて下さい。
1

 

 

 

 

 

 

 

SPONSORED LINK

 - キッチン, キッチンマット