『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

キッチンカウンターをお洒落にリフォームしたい!種類や最近の傾向、おすすめの方法など専門家が詳しくアドバイスします!

   

この記事の所要時間: 255

キッチンカウンターをお洒落にしたい

~キッチンカウンターの種類~

image

キッチンカウンターの天板にも色々な種類があります。モダンな色合いの木目調や高級感漂う石目調の人工大理石、キッチンとも調和するステンレス製などがあります。
最近では、耐熱性と耐摩耗性や傷にも強いメラミン化粧板が多く用いられています。メラミン化粧板にも様々な柄や色があり、単色から石目調・アルミ調があり、いたって木目調となるとその種類は多く、100を超えるぐらいの種類があります。

SPONSORED LINK

~最近の傾向~

最近の傾向としては、意外とシンプルなデザインのものが好まれており、また、ゴミの分別が各自治体で厳しくなったのと同時に、キッチンカウンターにダストボックスを組み込んだものが主流となっています。

 

見た目もシンプルでありながら、なんとなくお洒落な感じがするものが多く販売されています。

~収納と間仕切りを兼ね備えたカウンター~

主婦のあこがれでもある対面式キッチンですが、リフォームで対面式にするとなれば、キッチンの移動に伴い設備機器の配管も変えなければいけません。

 

たとえば、給排水配管・ガス管・電気配線・換気扇のダクトなどどれも手間がかかるものばかりで人件費だけも馬鹿になりません。そこで、簡易対面式キッチンというのはどうでしょうか?

SPONSORED LINK

 
キッチンは壁際のI型のままにしておき、キッチンとダイニングの間に、間仕切りキッチンカウンターを設置するのです。これだとキッチンを移動しませんので、余計な工事を必要としませんので手軽に行えるリフォームとして最近注目されています。

 

特に、なにかと規制があるマンションでは、キッチンを移動させること自体無理な場合がよくあります。その理由に、マンションの場合は、集中給排水となっている場合が多くあり、配管を移動させることが難しいといったことや、床下に配管を通せるだけのスペースが無い場合も多くあります。

 
そこで、この間仕切りキッチンカウンターを設置すれば、対面式のキッチンになります。また、最近ではダイニングやリビングから見た時に、室内のインテリアとしても美しいものや、収納スペースも充実していますので、造り付けにはない機能が満載されています。

 
デザインもお洒落なものが多く、調理の補助台としても重宝しますし、バーカウンター風にアレンジもできますので、夫婦から大人の男女として、お酒を飲みながらゆっくりとした時間を過ごすことができます。

 

~間仕切りキッチンカウンターで雰囲気を~

 

間仕切りキッチンカウンターを設置した場合、照明器具にもこだわりを持つことも重要です。

 

折角、バーカウンター風にアレンジしても照明器具が蛍光灯では何か味気ないものになってしまいますので、シーリングスポットライトやペンダントライト・ダウンライト、少し雰囲気を変えてLEDキャンドルライトなど最近ではお洒落なデザインのものが販売されていますし、ペンダントライトの中にはシャンデリアタイプのモノもありますので個性的なモノを選ぶのも良いと思います。

 

ただし、リビングやダイニングのインテリアにマッチしたものを選ぶのがポイントとなります。そうでなければそこの部分だけが浮いてしまいますので注意して下さい。

SPONSORED LINK

 - おしゃれ, キッチン, キッチンカウンター, リフォーム