『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

マンションのキッチンリフォームについて専門家がお教えします!考え方、予算の決め方、難しい点などなど!

   

この記事の所要時間: 312

マンションのキッチンリフォームについて

image

~制約が多いマンションリフォーム~

リフォームを行う場合、一戸建てでしたら土地も含めてすべてが自分のものですので、何の制約もありませんが(ただし、法律や政令による制約があることがあります)、マンションの場合は、室内は確かに自分のモノですが、外壁や建具、ベランダ、バルコニーといった部分は共有部分とされますので、リフォームすることはできません。

SPONSORED LINK

 

また、室内の壁についても耐力壁、防火壁などいろいろな目的を持った壁がありますので、これらを撤去・改造することもできません。
私の友人の話ですが、マンションに住んでいる友人が、キッチンが古くなったので、入れ替えるのを機にリフォームしたと言っていましたので参考までにお話しします。

 

~キッチンリフォームの考え方~

キッチンを考える時、基本的な決まりがいろいろあります。たとえば、動線計画、レイアウト計画、収納計画、安全基準(消防法)など専門家の意見を聞かないといけない部分が多くあります。

 

しかし、キッチンをリフォームする際には、現在使っているキッチンよりも設備のよいものを選ぶのが人間の心理です。

 

キッチンには色々な設備機器があり、トップやシンクの材質、水栓の種類、ビルトイン調理器具、食器洗い乾燥機、オーブンレンジ、レンジフード、浄水器など思いつくだけでも数限りなくあります。

SPONSORED LINK

 

そこで、使いたいと思う機器やあれば便利な機器などを採用してもそれらを使いこなせるかどうか、あるいは長い期間に渡って使いこなせるかどうかの判断が必要となります。
収納に関しても、炊飯器・ポット・電子レンジ・トースター・フードプロセッサーなど小型の電化製品も数多くあり、これらを使いやすく、また見栄えよく収納することもキッチン計画のポイントです。

 

~予算を決めて考える~

何事もそうですが、予算を決めて行わないとキッチンをリフォームするので見積もりをと依頼して見積書が届いてびっくりするということもありますし、時として追加の費用も発生する可能性もあります。リフォームは新築と違い予想もしないことが起こることがしばしばあります。
そこで、キッチンの価格ぐらいは調べるようにして下さい。設備機器メーカーのショールームなどに出向いて話を聞くぐらいの予備知識を得るようにして下さい。

 

またプランニングを行う場合は、大体の希望を伝えて相手任せにするといったことのないように自分でもプランニングしてそれを基にプランを立ててもらうようにして下さい。

 

~マンションリフォームで難しい点~

マンションリフォームで難しいのは、キッチンの場所を移動することです。床下に配管が通るぐらいの隙間が空いていれば問題はありませんが、床下に配管スペースが無い場合は、キッチンの移動は難しいと思って下さい。

 

またこういう場合は業者の方に相談してみて下さい。
オープンキチンから対面式キッチンに変更する場合も同じで、キッチンが移動できれば問題なく対面式に変更することができます。

 

~調理器具の交換~

リフォームと言っても、器具の交換からキッチンの移動まで様々です。調理器具の交換なら自分でできます。最新式のビルトイン型の調理器具に交換したいと思った時は、簡単に交換することができます。

 

器用な方なら30分もあれば十分ですし、そうでない方でも1時間くらいで交換することができます。全く専門的な知識はいりません。ただし、交換した器具の処分は住んでいる地域の自治体の指示に従って処分を行うようにして下さい。

SPONSORED LINK

 - キッチン, マンション, リフォーム