『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

婚活パーティーで成功するには?業界のベテランがやり方、流れ、コツ、トーク術を叩き込みます!

   

この記事の所要時間: 652

婚活パーティで成功するには?

image

結婚? そもそも出会いがない!

少子化が問題視されて久しい日本。

SPONSORED LINK

そもそも結婚しない人が増えていることにも一因がありそうです。

一度も結婚しないまま中高年期を迎える人も多くなり、若くても出会いがない男女に加え、適齢期を過ぎた男女も婚活に励むというのが近年の傾向になってきました。そんな社会的背景もあり、積極的に結婚を目的とし、出会いを求めて婚活サイトに登録したり、婚活パーティに出席するのが普通のことになってきています。

でもただやみくもに次からつぎへと婚活パーティ、お見合いパーティに出席を繰り返すだけでは、結果は出ないものです。

ではどうしたら、チャンスを作れるのでしょう?

目的に沿ったパーティ選びができているか?

婚活パーティといっても、趣旨は多種多様。

 

自分が、気詰まりな、ハイレベルすぎる パーティに出ていないか 、また結婚目的ではない、ただ単に遊びの交際相手を探すためのパーティに出ていないか、振り返って考えてみましょう。

 

あなたが真剣に結婚相手を探すつもりなら、婚活パーティは目的に合ったものに絞り込み、ふさわしいパーティに参加するようにしましょう。

 

婚活パーティには主として次の3種類のパーティがあります。


1 パーティ企画会社の主催  

 

規模や内容がさまざま・参加費はやや低め・条件を満たせば誰でも参加できる・本人確認も厳しくない


2 結婚相談所の主催   

 

種類は多い・小規模・参加費はお手頃・相談所を通さないと参加できない・本人確認は厳しい・参加条件あり


3 結婚相談所の運営団体の主催   

 

内容濃く、参加費はやや高め・会員のみ参加可能・本人確認は厳しい・規模は大きめ
婚活を始めて間がない時期には、入門編として手軽な①タイプ、本腰を入れて活動をしたい時期になれば、お相手も結婚を希望している度合いの高い③のタイプのパーティに参加することをお勧めします。

 

パーティ当日の注意点

受付時間より早めに会場に行く

はじめて場所で戸惑わないよう施設のなかをざっと一回りしてお手洗いや出入り口などの位置を確かめ、身だしなみを整えます。

その後入ってくる参加者の顔ぶれなど、チェックしておくと落ち着いてパーティに臨めます。

パーティについての説明はしっかり聞く

限られた時間を無駄にせず、しっかりとお相手探しをするためにはそのパーティの進行方法やルールをつかんでおかなくてはなりません。

パーティ開始直後の行動が勝負を決める

フリータイムの時間を設けたパーティでは、積極的に第一印象のよかったお相手に声をかけましょう。

ライバルが現れる前にチャンスを作るのです。

会ったばかりの方と何を話せばいいのかわからず、仕事の話だけではどうにもなりません。ここでもコツがあります。
★まず出身地やお住まいを訊いて距離感を縮める
話題が個人的な事柄に及ぶ前のウォーミングアップとして、無難なこのテーマなら知らない人とも会話ができるもの。

 

出身地が近い同士なら盛り上がりますし、そうでなくとも「旅行したことがある」といったケースなら、旅の話題から個人的な事柄にも少しずつ触れることができるかもしれません。
★趣味を訊いて、楽しいトークを
趣味を訊くことで話題を発展させやすくなります。

 

お相手も自分が好きなことに関しては喜んで話してくれますし、あなたを話しやすい相手と思ってくれるでしょう。

SPONSORED LINK

またそこはふたりの共通点が見つけられやすい会話でもあります。

共通した趣味があって話が弾めば、交際した場合の雰囲気がイメージしやすくなり、お相手との距離がぐっと近づきます。

 

参加者のプロフィールが前もって知らされている場合のトーク術

すべてではないですが、事前に参加者が提出したプロフィールが全員に手渡されているパーティがけっこうあります。

 

このプロフィールはたとえ簡略なものではあっても、会話を弾ませるための『ネタ帳』と考え、ぜひ活用しましょう。じつはこのプロフィールを書くにも抑えるべきポイントがあります。

1 共感を呼びやすいネタを仕込む

例えば趣味の欄に「散歩」、「映画鑑賞」、「旅行」など誰もが書き込みそうなワードを入れておくと、話題が発展する可能性が高く、共感につながりやすいといえます。

2 独自性のあるネタを盛り込む

すべてが平凡な内容だとあなたの印象もぼんやりした印象になってしまいます。

何か目立つ個性的な項目を加えておきましょう。例えば男性で「料理」、女性で「山登り」など意外性のある趣味や、海外のホームステイ経験や珍しい資格の取得経験など必ず話題になりそうなネタです。

3 自由記入欄もしっかり記入する

例えばお相手への希望とか自己PRなどを尋ねる欄にも、できるだけ書き込んでおきましょう。

何も書かないと本気度が低い印象を与えてしまいます。「不慣れで何を書いていいかわからない」など、正直な思いでもかまいません。

そこからまた、会話が広がることもあります。

言葉以外のずばり『モテる』ポイントとは
とにかくしゃべりまくることだけが成功につながるわけではありません。

 

絶対に押さえたい4つのポイントがあります。

1 とにかくにこやかな笑顔
顔を合わせた、視線が合っただけでにっこりされれば、好印象間違いなしです。
2 上手に相槌をうつ
「あら、そうなんですか? 素敵ですね」などと相手の話に言葉で相槌を打ちながら、笑顔でうなずくとお相手は「こんなに興味を持って聞いてくれているんだ」と感じ、会話に熱が入り一気に打ち解けてくれます。
3 相手の目周辺を見る
初対面の相手に凝視されると落ち着かないもの。目周辺を見るぐらいにしておき、お相手の話に感心した表情を見せるときなどに、しっかりと視線を合わせるようにしましょう。もちろん笑顔は忘れずに!
婚活パーティではお話が終わるタイミングでメモを記入することが多いですが、メモに夢中になってお話してくださったお相手へのご挨拶がおざなりになってしまわないように気をつけましょう。

去り際こそ大事な瞬間。

立ちあがる際しっかりと目を見て「ありがとうございました」とお礼の言葉を添えましょう。

「○○のお話が聞けて嬉しかったです」と付け加えるといっそう好印象に。

カップリングとは?

こんなふうに複数のお相手とトークを交わしたあとに、どの方がよかったか3名程度を書いて、スタッフに提出するのですが、男女が互いにお相手の番号を記載していれば、カップリングが成立します。

相手を選ぶ基準は「交際してみたいか?」ではなく、「もう一度会ってみたいか?」です。

気軽に記載してみることで、チャンスは広がります。書くのは第一希望から第三希望までですから、仮にあなたがAさんを第三希望にしていたとして、ほかの人がAさんを第一希望にしていたら、そちらが優先される仕組みです。優先順位はよく考えて決めましょう。
そしてカップリングしたふたりはパーティの終了後ふたたび顔を合わせ、そこで連絡先を交換します。

 

アンケート調査によれば、カップリングが成立したふたりはその後一緒に時間を過ごすことが多いそうですから、婚活パーティの日はほかに予定を入れず、カップリングしたらそれを一歩進める貴重な時間にあててほしいものです。

 

こうしてお金と貴重な時間を投じて、臨むパーティ。すぐに結果が出ないとしても、真摯な気持ちで参加しているうちにいつかチャンスが訪れます。カップリングが成立し、ご縁を大切に育て、正式な交際から結婚へと花開かせる男女も少なくないのですから、婚活パーティはやっぱり素晴らしい出逢いの場だといえるのではないでしょうか。

 

SPONSORED LINK

 - 婚活