『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

松江水郷祭2017水の都松江市の西日本最大級の湖上花火大会-日程 アクセス 有料席 見どころ 穴場

      2017/07/02

SPONSORED LINK

この記事の所要時間: 238

水の都、松江市の西日本最大級の湖上花火大会2016!日程 アクセス 有料席 見どころ 穴場をご紹介!

image

こんにちは、今回は日本最大級の湖上花火大会でお馴染みの松江水郷祭についてご紹介いたします。
去年までは2日間の開催でしたが、今年からはリニューアルして、全3日間の開催となりました。

SPONSORED LINK

 

 

では、去年までの違いを含めご紹介していきましょう。

 

【開催日程・アクセス】

2016年の松江水郷祭は、
7月29日(金)前夜祭、
30日(土)松江だんだん祭り、協賛イベント、花火大会、
31日(日)松江だんだん祭り、協賛イベント、
というスケジュールになってます。
去年からの1番の違いは花火大会が30日だけの開催となることで、
1日に集中することにより豪華な花火大会になると思われます。
しかし、その分人が集中する事が予想されますので迷子にならないように気をつけましょう。
はぐれた際の待ち合わせ場所を決めておくのがいいかもしれません。
また、白潟公園に有料席も用意されており、こちらはネットから購入可能です。
階段席4,000円から5名席のマス席20,000円までありますので、ぜひ参考になさってください。
会場へはJR松江駅から徒歩15分程ですので、
電車で行くのが良いでしょう。
駐車場もありますが、交通規制があり、場所によっては
規制解除されるまで出庫できないところもありますので、ご注意ください。

 

【花火大会の見どころ・穴場】

この花火大会の見どころは打ち上げ会場である宍道湖に浮かぶ2艘の船から様々な角度で打ち上げられる約10,000発の花火でしょう。
真上に高々と上がる花火もいいですが、
海面スレスレで綺麗に開く花火もとても素晴らしいですよ。
湖面に映る花火がまた幻想的です。

 

 

 

次に穴場スポットですが、島根県立美術館がオススメです。
去年は美術館のトイレを解放していて便利だったと言う事ですし、
なにより、宍道湖を広く見渡せるので、
視界いっぱいに広がる花火を見ることができます。
少し傾斜になっているので、前の人が遮って見えないという事も
ないのもポイントが高いです。
場所取りは去年までは18時頃まで行けば問題なかったようですが、
最初にお伝えしたように今年は人が集中しそうなので、
少し早めが良いでしょう。

 

 

【最後に】

今回は花火大会を中心にご紹介しましたが、松江水郷祭は午前中から行われており、ステージイベントや、
水辺アトラクション、ちびっこ相撲大会など
昼も夜もお楽しみ盛り沢山ですから、たっぷり楽しんだ後に花火を見て帰るのが1番ではないでしょうか。
また、宍道湖は夕日が綺麗で有名ですから、
夕日を恋人と見ながら花火を待つのも素敵ですね。

 

 

あ、男性の方は「夕日よりも君の方が綺麗だよ」の一言をお忘れなく。

 - 夏祭り, 松江水郷祭, 湖上花火大会, 花火, 花火大会, 西日本