『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

長岡まつり大花火大会2017年の日程・時間、アクセス方法は?穴場や観覧席など

      2017/07/02

この記事の所要時間: 253

長岡まつり大花火大会について

 

新潟県長岡市で8月初め(基本的に8月1日が前夜祭、本祭が2日と3日)に行われる長岡まつり大花火大会は、日本三大花火大会の一つに数えられる盛大な花火大会です。

 

 

多くの花火大会は、花火の「競技」でもあり、上位に入賞した花火師には「○○賞」などが授与されますが、この長岡まつり大花火大会は、競技の要素がありません。
この花火大会のルーツは、1945年8月1日の長岡空襲からの復興を願い翌年に始まった戦災復興祭にあります。

SPONSORED LINK

 

 

実際、前夜祭である8月1日には、爆撃が開始された午後10時30分から、犠牲者への慰霊のため白一色の花火が3発打ち上げられます。
実は、花火大会自体にはこれとは別のルーツもあります。

 

1879年の9月14・15日の千手町八幡神社の祭りで、市内の遊郭関係者たちがお金を出し合い盛大な花火を打ち上げたという記録があります。

 

早くも1906年には、花火大会が夏の恒例行事となりました。この花火大会と、先に言いました戦災復興祭が一緒に行われるようになったのが、現在の長岡まつり大花火大会です。

 

今年の日程・時間は?

 

長岡まつり大花火大会の2017年度の日程は、前夜祭が8月1日、本祭は8月2日と3日です。

 

本祭の時間は、両日とも19時25分〜21時10分です。

SPONSORED LINK

 

アクセス法について

 

長岡まつり大花火大会会場へのアクセス法のチェックも大切です。

 

JR長岡駅からは、徒歩で30分ほどかかりますので、公共交通機関でお越しになる場合は時間などに注意しましょう。

 

自動車でお越しの場合、無料駐車場が5,000台超、有料駐車場も約1,300台分用意されています。

 

ただ、お帰りの際に大変混雑しますので、遠方からのお車でお越しのお客様は長岡インターチェンジ以外のインターチェンジを通ってお帰りになるのをおすすめします。

 

観覧席と穴場

 

長岡まつり大花火大会では、有料の観覧席が設けられます。

 

お値段は席の条件によって異なり、マス席タイプは1マス15,000円ですが、一般の席は1人3,000円です。

 

穴場の席としては、1人3,000円でテーブルも置かれた「左岸イス席」や、1人2,000円の「フェニックス席」などがあります。
また、様々なお客様に対応した席があるのも、この花火大会の良さの一つです。

 

 

例えば、撮影で三脚を使うお客様限定の「カメラマン席」(1マス5,000円)や、長岡市に住民票のある障害者手帳を持つお客様限定の「身体障害者席」(1マス4,000円)があります。
チケットの購入は、「長岡花火」公式ウェブサイトでの抽選販売(現時点ではこちらは終了しました)や、全国のセブンイレブン及びローソンの店頭の端末で可能です。

 

<「長岡花火」公式ウェブサイト>
http://nagaokamatsuri.com

SPONSORED LINK

 - 夏祭り, 新潟, 花火, 花火大会, 長岡まつり大花火大会