『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

夏祭り、花火大会、おすすめスポット情報!東海版! 今年の夏を有意義に満喫しよう!

      2016/07/02

この記事の所要時間: 336

東海版!夏祭り、花火大会、おすすめスポットとは?

image

今年の夏を有意義に満喫しよう! 駅から近い見所スポット

 

ゴールデンウィークも終わりもう夏はすぐそこです。
夏といえば素敵な恋人と夏祭りに行ったり花火を見に行ったりしたいですよね。

SPONSORED LINK

 

 

でも車がないからあんまり遠くには・・・という貴方のために、

 

 

駅から近い花火大会おすすめスポットをご紹介いたします。

 

 

これを見て今年の夏を有意義に満喫しましょう。

 

【三重県 熊野大花火大会】

 

まず最初におすすめするのは三重県の熊野大花火大会です。

 

 

毎年8月17日に開催されているこの花火大会はJR熊野市駅から徒歩5分の会場で行われます。

 

 

高速で走る二隻の船から海面に花火を投込む海上自爆や、国の名勝に指定されている鬼ヶ城を舞台に行われる鬼ヶ城大仕掛けは圧倒的な超大迫力花火です。

 

 

有料席は2名分の半マス席6000円と5名分のマス席10000円のものがあります。

 

 

しかし、毎年すぐに売り切れてしまうので、

 

 

希望の方は気合を入れて確保しましょう。

 

【静岡県 按針祭海の花火大会】

 

次におすすめするのは静岡県の按針祭花火大会です。

SPONSORED LINK

 

 

2016年8月10日水曜日に開催予定でJR伊東線伊東駅から徒歩10分の会場で行われます。

 

 

約1万発の花火が会場5カ所から打ち上げられ、早打ちや空中ナイアガラなど見所が沢山ある贅沢な花火大会です。

 

 

有料席は1席2000円で2000名分の用意があるようですので、特等席で是非ご覧いただきたいです。

 

 

ちなみに按針とは徳川家康の外交顧問を務めたイギリス人のウィリアム・アダムスこと三浦按針の事で、

 

 

伊東の松川河口で洋式帆船を日本で最初に建築した事を記念し、この祭が開かれているのだそうです。

 

【愛知県 岡崎城下家康公夏まつり花火大会】

 

最後におすすめするのは愛知県の岡崎城下家康公夏まつり花火大会です。

 

 

2016年8月6日土曜日に開催予定で名鉄名古屋本線東岡崎駅より徒歩10分の会場で行われます。

 

 

岡崎は江戸時代から続く三河花火の本場で、花火問屋が数多くあります。

 

 

なので伝統のある匠の技をたっぷりと感じる事できる花火大会です。

 

 

有料席は定員6名の席が48000円となります。

 

 

しかし、こちらは毎年抽選会に参加しなければならないので、確実に確保できるものではありません。

 

 

7月10日日曜日(予定)の抽選会に参加する事が絶対条件ですのでご注意ください。

 

いかがだったでしょうか?

 

 

今回おすすめするポイントには徳川家康が関連する所が二カ所もありましたね。

 

 

諸説ありますが徳川家康は日本で最初に花火を見た人物なんだそうです。

 

 

当時は竹筒から火の粉が出る簡単なものだったようですが、これを見た徳川家康が三河の鉄砲隊に花火を作らせるようになったのが、日本の花火の起源とされているそうですよ。

 

 

この雑学も含めて参考にしていただければ嬉しいです。

SPONSORED LINK

 - 三重県 熊野大花火大会, 夏祭り, 愛知県 岡崎城下家康公夏まつり花火大会, 東海, 花火, 花火大会, 静岡県 按針祭海の花火大会 , , , , , ,