『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

錦織圭とジョコビッチのユニクロの契約 販売中のポロシャツについて

      2016/08/25

この記事の所要時間: 536

錦織圭とジョコビッチ、そしてユニクロについて

 

image

今年のウインブルドンは雨、雨で順延つづきでしたね。そんな中、期待の錦織圭選手はベスト8の目前に脇腹痛で棄権。
ジョコビッチ選手も3回戦で負けてしまいました。腰の故障を抱えていたためでしょう。

SPONSORED LINK

けれど、オリンピックも全米もツアーファイナルも楽しみな試合はまだまだあります。

二人には、しっかり故障を直して活躍してほしいですね!

 

さて、この二人に共通するのがユニクロとの契約です。

錦織圭とユニクロ

 

錦織圭選手が契約しているスポンサーは16社もあります。この中にユニクロとの契約もあります。
ユニクロとは2011年から5年契約。そして2016年に更新しています。

 

試合中のウエアを見て分かるように、ユニクロのロゴがウエアにもバッグにもついていますね。
また、ユニクロでは、錦織圭モデルとして、同じウエアを売り出していますよ。
2011年というと、錦織選手はまだまだプロとしては道半ばで未知数の時期ですから、ユニクロには選手を見る目があったのですね。

 

スポンサーとの契約は選手にとって、安定して練習の環境を整えるためには必要なこと。
錦織選手には2人のコーチに2人のトレーナー、栄養士もチームになっているのです。そのチームに囲まれてこそトップレベルのプレーができるわけです。

 

ジョコビッチ選手とユニクロ。

 

ジョコビッチ選手は2012年にユニクロと契約しています。
それまでは、アディダスと契約していたそうですが、アディダスはイギリスのマリー選手と契約をしたため、ユニクロにチャンスがやってきたのですね。

 

ユニクロのテニスウエア

 

錦織選手の場合は、上半身をひねるのでエリに重みをいれています。エリが付いていると体の芯が感じられるそうですが、そこは錦織選手。5グラム単位で重さを変えて作り上げるのです。また、ウエアの素材は、速乾性のあるメッシュを使用していて、熱さにも配慮してつくられています。

 

パンツのポケットの内側はタオル地になっています。手も拭けますし、ボールを入れてもおさまりが良いのですね。

 

錦織圭モデルはもちろん大人気です。予約販売もありますし、オークションにも出ますよ。

 

ジョコビッチ選手もまた、ユニクロと素材、縫製など細部にわたってユニクロと話し合ってウエア作りをしています。

SPONSORED LINK

 

二人の着ているウエアは販売しているものと同じ?

 

ユニクロの店舗では錦織選手が着ているものと同じ色、同じ素材のウエアが販売されています。錦織圭モデルはもちろん大人気です。予約販売もありますし、通販も。オークションにも出まわります。

 

ジョコビッチ選手が着用しているものも同じく店舗で販売されています。ユニクロと素材、縫製など細部にわたって話し合ってウエア作りをしているそうです。

 

この二人は大きな大会ごとに、新しいモデルを着用していますから、ユニクロの店舗で見て、触って感じてみましょう!

 

 

契約理由、なぜ?

 

世界を連戦していく錦織圭選手。もちろん賞金獲得も多いのですが、安定した企業との契約も不可欠なのです。

 

理由はコーチ二人、トレーナー二人、栄養士など、チームケイを支えるスタッフを抱えているからです。

 

彼らにも十分行き届くようにするためですね。

 

またユニクロというブランドを通して選手の名前を広めるという効果もあります。

 

一流企業と契約を結ぶことによって一流の選手という立ち位置にいるということの証明になるというのも大きな理由です。

 

そしてユニクロ側にとってもメリットはあります。

 

世界が注目する舞台で活躍する有名選手が着ているということでテレビを通して露出されますしうわさになります。

 

そしてファンたちが購入します。

 

ユニクロは、早い段階からスポーツウエアにも企業として重点をおいていました。世界が注目する錦織選手がユニクロのウエアを着て成長していくことの経済効果は莫大です。

 

ジョコビッチ選手は、引く手あまたの企業からオファーがあります。その中でユニクロを選びました・・・『ユニークであれ』という自身の思いや熱意がユニクロの企業理念とマッチしたからという理由だそうです。

 

金額は年間7億円という大型契約です。

 

錦織選手の課題とは

 

現在、ATPツアーで世界ランキング6位の錦織選手。

グランドスラムの大会でも第5シード、第6シード。ATP500なら第1シードのこともありますね。

マッチングとしては、一周目の3回戦までは自分より上位の選手には当たらないようになってきたのです。

 

今の錦織選手には、ギアが何段かあると言われています。そのギアを一周目では温存しつつ3セットで終わらせれば、余裕がでます。

今年は、確かに取りこぼしは少なくなりました。

けれども、ときどき『フワ』と集中が切れる事があり、ブレーク成功のあとに出ることがあります。

相手が下位の選手なら、それでも巻き返して勝てるのですが、トップ10や、台頭してきた強いサーブを持つ選手との対戦では致命傷になってしまう。

 

フェデラー選手やマリー選手。ジョコビッチ選手に勝つには、トップギアにあげるとともに、もう一段我慢が必要になるでしょう。

 

これは、とても難しい事。往年のトッププレイヤーのアガシ選手が負けてしまうと『今日は気持ちがフラットだったから』と言っていました。

フラット・・・アグレッシブさが足りなくなり、集中できないという意味でしょうか。

 

錦織選手も、時として『フラット』の事があります。この波のないのがフェデラー選手とジョコビッチ選手。
いつかこの目標とする選手に勝ってビッグタイトルを取るために、アグレッシブなテニスをしてほしいと思います。
まずは、故障を直して。応援しています!!

SPONSORED LINK

 - ジョコビッチ, ユニクロ, 契約, 錦織圭