『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

写真だけの結婚式とは?メリットは?利用するのはどんなカップル?費用は?業界のベテランが詳しくお伝えします。

   

この記事の所要時間: 518

写真だけの結婚式について

image

フォトウェディングとは?

さまざまな事情で結婚式や披露宴を行わないカップルが増えているといいますが、入籍や同居だけでなく何か結婚したことを形に残したいというふたりの想いが「写真だけの結婚式 フォトウェディング」というニーズを生んでいるようです。

SPONSORED LINK

 

フォトウェディングという新たな儀式はじょじょにスタイルの多様化という変化をたどりつつ、社会に定着してきています。

 

1 シンプルに写真撮影のみのスタイル

 

これはフォトウェディングのルーツに近い形です。ホテルや結婚式場で挙式・披露宴を行う場合でも、通常は使用する新郎新婦の衣装を用いてあらかじめ「前撮り」の写真を撮っておくものですし、これは昭和のころから変わっていません。

なんらかの理由で挙式・披露宴を行わないカップルが、せめて記念に結婚衣装をまとって写真を残そうというとき、これが一番費用も手間もかからず、手軽なプランでしょう。

8800円プランの料金には1~2種類の新郎新婦の衣装(和装or洋装)小物一式・ヘアメイク着付け付き・撮影100カット・データ1カット・六切台紙が含まれます。残したいデータが増える毎に費用が加算されます。

撮影場所はスタジオが基本ですが、チャペルや海辺などのロケーションプラン、すでにいるお子様と撮る・ペットと撮る場合もあるそうです。

参考サイト https://www.photorait.net/

これらのフォトウェディングでは新郎新婦ふたりだけの撮影が基本ですが、プランによっては親族との写真を加えることもできるようです。

 

2 家族・友人だけの写真結婚式

親族や親しい人など少人数で式を挙げ、写真撮影もできるプランがあります。

これも[小さな結婚式]のひとつの形ですが、費用や準備期間をかけずに挙式をしたいというふたりの要望に応えてくれるサービスです。

こうしたプランには通常、挙式料・司祭者・音響・照明・衣装レンタル・新郎新婦着付け・小物一式・新婦ヘアメイク・写真・式場装花・結婚証明書がセットになっています。(費用 約7万円~10万円)

通常の結婚式場は「半年~1年前には予約を入れるべき」とされていますが、この小さな結婚式なら、空き状況にもよりますが、最短1週間前でも予約することが可能です。

挙式はシンプルでもいいですし、凝った演出も可能です。ふたりの気持ちに沿ったプランを作ることもでき、写真だけでなく、ビデオ撮影もオプションで付けられます。画像・映像を残すだけでなく、親しい人々の前で実際に挙式するの

SPONSORED LINK

ですから、充実感がありますよね。これはもう立派に「挙式」といっていいでしょう。

また挙式後の会食もセットできますので、プチ披露宴までできてしまうわけです。

参考サイト
https://www.photorait.net/

 

3 フォトウェディングのメリット 利用するのはどんなカップル?

フォトウェディングは結婚式当日の記念撮影よりハイ・クォリティであることからこのところ急速に認知度が高まりました。ではどんな人がこのサービスを利用しているのか、整理してみましょう。

 

3.1 高額な結婚式を挙げることに価値を見出せないカップル

 

普通の結婚式を挙げると平均で300万円以上かかります。

式には親族や友人だけでなく、仕事関係者も招待しなければならないといった煩わしさもあります。こうした事情もあって、結婚式自体が小規模化する傾向にある時代ですから、結婚式そのものに意味を見出せないカップルがいても不思議ではありません。

こうしたカップルにとってフォトウェディングはメリットがあるはず。費用は10分の1程度で、素敵なアルバムも残せますし、式も挙げられて満足感が得られることでしょう。浮いた費用は新婚旅行や、新生活を始める資金にまわせます。

 

3.2 再婚や妊娠で挙式を望んでいないカップル

 

フォトウェディングは「再婚だから、大げさにしたくない」と考えるカップルや、「おめでた婚なので式は挙げない」、などの事情があるカップルにとっても理にかなったシステムだといえるでしょう。ささやかではあっても、一生の思い出を画像として残せるからです。

 

3.3 結婚式も挙げ、フォトウェディングも追加するカップル

結婚式の前撮りというパターン

フォトウェディングは、「結婚式当日は慌ただしいので、記念写真は別の日に落ち着いて撮影したい」とか、「式場の着物の衣装が高額なので、写真だけ撮りたい」といった費用面・心理面両方のニーズに応えてくれるちょうどいい案なのです。

そうして撮った写真を式当日のウェルカムボードに使ったり、DVD映像の一部にも使用したりして、結婚式をより質の高いものにしようとするカップルもいます。こういうケースにおいてフォトウェディングは有効なツールとしての役目を果たすわけです。

ほかにも「挙式しないまま数十年経って、子どもたちが結婚記念日にフォトウェディングをプレゼントしてくれた」、とか「家族同様のペットと一緒に結婚写真を撮っておきたかった」など、さまざまなケースで重宝されています。

参考サイト http://www.la-viephoto.com/

 

4 結婚式の新しい形

 

近年広がりを見せ、様々なサービスが充実していきそうな写真だけの結婚式。以前なら結婚式は「挙げる」「挙げない」の二択しかありませんでしたが、それぞれの事情から式をあきらめていたカップルにとって第3の選択肢・第4の選択肢が加わったわけです。

 

「入籍だけではやはり寂しい」、「式の費用がない」、「親に晴れ姿を見せたい」といったそれぞれの事情に合わせつつ、海辺や庭園、丘の上といった自由な背景で、イメージに合わせて、プロのカメラマンに素敵な写真を撮ってもらうこともできるのです。

 

これからもこの結婚式のスタイルは社会のマインドを反映させ、ますます進化していくことでしょう。

SPONSORED LINK

 - フォトウェディング, 写真だけの結婚式, 結婚式