『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

ポケモンGOが世界で大人気!もはや社会現象に!なぜ?魅力や問題点について。

   

この記事の所要時間: 511

image

ポケモンGOが世界で大人気!もはや社会現象に!なんで?魅力を教えて!

SPONSORED LINK

 

ポケモンがこの世に誕生し、今年で20年になる。今も昔も色褪せることなく世界で愛され続けるポケモンだが、そんなポケモンがまた新たに動き出した。

 

今年、2016年7月6日。アメリカで"ポケモンGO"というスマートフォン用ゲームアプリが先行配信された。その後、アジア圏を除いた世界各国で続々とアプリの配信がされ、今までになかったゲーム仕様からポケモンGOに夢中になる人が続出した。

 

ポケモンGOの魅力

では、世界を魅了したポケモンGOとは一体なんなのか。まずはそこから探ってみよう。

 

ポケモンGOは、任天堂とINGRESS(イングレス)(米グーグル社により作られたスマートフォンゲームアプリで、googleマップ上を位置情報サービスを使い移動しながら遊ぶというもの)を提供しているNiantic(ナイアンティック)社がコラボして作られたものだ。

 

では、次に気になるこのゲームの仕様とは一体どのようなものなのだろうか。

 

基本的にベースは先程触れたINGRESSと似ており、アプリを開きスマートフォンを片手に街を歩きながらたくさんのポケモンを探して集めようというものだ。また、アプリ内には151匹のポケモンが存在しており、それらを仲間にしていくことでポケモン図鑑を完成させるというのもゲームの醍醐味の一つになっている。

 

まるで自分が本当にポケモンマスターになったかのような体験が出来るという声が相次いだ。

 

ではこのゲーム、どのような趣旨で作られたものなのか

 

当初は街を歩きポケモンを探す事で老若男女関わらず楽しく生活習慣病を解消させようという目的で作られた。アイディアもさすがは世界のポケモンといった感じだ。その狙いは大当たり。スマートフォンと睨めっこしながら街を歩く人々は世界中で後を絶たなかった。

 

そして2016年7月22日。
遂に日本でもポケモンGOが配信された。7月29日に配信されるのではと噂されていたのに対し、噂よりも早い配信に今か今かと待ちわびていた日本のポケモンファンは瞬く間にアプリに飛びついた。日本でも街にはスマートフォン越しにポケモンを探す人々が急増した。

 

日本でも大好評だったポケモンGOだが、実はいいことばかりでは無かった。

では一体何があったのか。ポケモンGOの問題点について少し掘り下げてみよう。

SPONSORED LINK

 

ポケモンGOに夢中になって起きた世界の事件や問題やトラブル

 

まずは海外から、海外ではポケモンGOをプレイ中に他人の家に侵入してしまった少年(18)が射殺されるという事件が起こった。他にも、駅のホームでゲームに熱中するあまり線路に落ちてしまう人、仕事中にゲームをして仕事にならない、中には、仕事を突然辞める人が出るなどの問題が多発した。

 

次に日本ではどんな事が起こったのか。

日本では海外のこのような事例に基づき、7月21日に政府の内閣サーバーセキュリティセンターから"ポケモントレーナーのみんなへお願い♪"

(http://www.nisc.go.jp/active/kihon/pdf/reminder_20160721.pdf)という注意喚起が出た。

また、車や自転車を運転中にゲームをして交通事故の原因になり、警察や救急車が動く自体になる、ポケモンGOそっくりの偽物が配信され、それを取得し使用してしまうとウイルスが入り、個人情報漏洩などの問題が起こる、お寺、神社でゲームをプレイし問題になるなど、実際に出雲大社では境内などでの使用禁止が呼びかけられている。

 

このように世界各国で問題が多発しているが、ポケモンGOをプレイ中に不審者を発見し、逮捕に繋がる(アメリカ)、おおっぴらでポケモンGOをする事が恥ずかしいという声から保健所が有料で散歩用という名目で貸し出しを行ったところ、そのまま犬を気に入ってしまい「引き取りたい!」という人が続出し、保健所から犬が居なくなる(アメリカ)など心温まる話も多数報告されている。

 

実際にポケモンGOをダウンロードして遊んだ感想

実は、私も国内配信されたというニュースを聞いて、早速ポケモンGOを取得したユーザーの1人だ。実際にゲームをやってみて、一言で言うならとても感動した。自然と笑顔になっていたというのが率直な感想だ。子どもごころに気持ちよく戻してくれた。毎日顔は合わせているが、普段は話さないという人とも気づいたら話が弾んでいた。これこそポケモンマジックだなーと心から感じた。

 

国内配信されてから連日、ニュースではポケモンGOが取り上げられている。その内容はどれも「歩きスマホダメ!」や「街にはモンスターだらけ!」など聞こえてくるのはゲームの問題点ばかりで良い話題は殆どない。ポケモンファンにとってこれより悲しいことがあるだろうか。

 

私たちが、ポケモンGOをこれからも楽しむためには、誰よりもポケモンを愛する自分たちが世の中にも快く受け止めてもらえるように、賢くゲームと付き合っていかなければいけない。

ポケモンGOに関連する専用玩具

また、7/29には「Pokémon GO Plus」というポケモンGOのアプリと連動して使える専用玩具が発売されるという。(http://www.pokemongo.jp/plus/)一層、ポケモンGOが注目を浴びることに間違いない。

 

以上のように、良くも悪くもポケモンGOは世界中で名を轟かせている。きっと知らないという人は居なくなるだろうというほど人々を魅了して止まない。きっとこれは社会現象というより世界現象と呼んだ方が正しいのだろう。今後もたくさんポケモンの魅力を世界に発信していって欲しい。

SPONSORED LINK

 - pokemon, ポケモンGO