『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

米英語の発音のコツと練習方法 発音記号の読み方 覚え方

      2017/07/13

この記事の所要時間: 333

こんにちは

 

今回は「英語の発音の練習方法をこのサイトで学ぶ」についてお話したいと思います。

SPONSORED LINK

 

 

一般的に英語の発音は難しいと思われがちですが、コツさえ掴んでしまえばすぐにでもネイティヴスピーカーに伝わる英語を話すことができます。

 

そしてこのコツをマスターさえすれば話す力だけでなく聞く力も自動的に上達していきますので、英語でコミュニケーションをとる上で非常に重要な要素であると断言できます。

 

発音良く話すということであればこのコツと練習方法で1日で上達することが可能です。

 

このサイトで学んで頂ければと思います。

 

これは誰にでもすぐに習得できるので発音が苦手だと思っている人や以前に話してみたけど伝わらなかった人達に特に読んでもらえればと思います。

 

但し発音良く英語を話すという事と自分の伝えたいことを英語で話す事というのは別の技術で、伝えたいことを英語で話すということになると加えて英単語の知識や文法力、表現力が必要になってきます。

 

ですので英語で書いてある文章を読んでみてネイティヴスピーカーに通じるかどうか確認する方法で発音が上達しているかどうかを判断してみて下さい。

 

⚫︎英語の発音の種類を知る

 

英語には日本語にない音がいくつかあります。そのため全ての音をカタカナで表記しきれません。

 

まず第一にやることは英語の全ての子音、母音の発音の違いをわかるようにする必要があります。

 

そしてその音を目で見てわかるように発音記号という記号で表記します。

 

英語を話す人にとってはそれぞれの音が全く違った音なのです。

 

下にあるこのサイトのリンクに全ての音がのっており、実際の発音も聞けるようになっています。

 

 

http://mymeet-up.com/hatsuon

SPONSORED LINK

 

 

最初は聞いても違いがわからず聞き取れないかもしれません。

 

ですが発音をするほうが簡単ですので各発音を単語に含ませた言葉を発音し練習してみて下さい。

 

 

発音があっているかどうかは完璧に英語を話すネイティヴスピーカーに判断してもらうのが一番良いでしょう。

 

 

以前書いたブログでネイティヴスピーカーの友人の作り方について書いてある箇所がありますのでよければ参考にしてみて下さい。

 

米英語をただで覚える-日本で学ぶおすすめの方法

そして正しく発音できたものを覚えて何度も発音しいつでも正しく発音できるようになるまで繰り返し発音し練習します。

 

英語を正しく発音するための練習方法はこれだけです。

 

 

非常にシンプルな作業ですが会話をする上での核となる部分ですので完璧に発音ができるように何度も何度も練習してみて下さい。

 

その後発音を意識しながら英文を読みネイティヴスピーカーに上手く読めているかテストしてみて下さい。

 

 

そして発音がおかしい箇所がなかったと言われれば上達していると解釈できるでしょう。

 

 

根気良く発音良く話すことを心がけ何度も文章を読んで聞いてもらって練習してみて下さい。

 

 

後に必ず、意味のある練習だったと思って頂けると思います。

 

このサイトが参考になったと思われる方は是非他のページも読んでみて下さい。

 

それでは今回はこれで失礼ます。

 

SPONSORED LINK

 - 発音, 練習方法, 英会話, 英語, Kライフ , , , , , , ,