『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

新装改築リニューアル時に模様替え-リフォーム リノベーションの費用を安く抑える

      2017/07/02

この記事の所要時間: 332

適切なリフォーム・リノベーション費用について考えてみよう!

~予算計画を立てよう~

最近、リフォームという言葉がよく使われるようになりました。

 

 

しかし、リフォームは幅広い範囲を示しています。

SPONSORED LINK

 

 

リフォームをする場合、メンテナンス、修理・修繕、性能の維持・向上、リノベーションの4つに分類することができます。

 

 

たとえば、給湯器が故障したのでエコ給湯器に取り替えるといったこともリフォームの一種で、性能の維持・向上に当てはまります。

 

 

また、屋根や外壁から雨漏りがするので瓦の葺き替えや外壁の塗装などは修理・修繕に当てはまります。

 

 

~メンテナンス費用について~

メンテナンスとは、維持管理のことを意味し、建物を維持していくために定期的なお手入れや工事を意味しています。いわば建物のトラブルや劣化を未然に防ぐ工事のことを指します。

 

メンテナンスは、定期的に必要になるものであり、建物の大きさや施工範囲の大小によって工事費用を算出しますので、工事予算の計画が立てやすい工事といえます。

 

工事費用の概算を知りたい場合は、メンテナンスを行う場所の情報をインターネットや雑誌の施工例によって相場を掴むことができますので、事前にチェックしておくと見積もり段階での交渉がスムーズに行えます。

 

 

~修理・修繕に掛かる費用~

修理・修繕はその言葉の通り、実際に建物や住まいの設備にトラブルが生じた時に発生する工事のことで、たとえば、故障した給湯器の修理・交換(現状維持の性能)、雨漏り、ベランダの手すりが腐食したために交換するなどです。

SPONSORED LINK

 

給湯器やエアコンといった住宅設備機器の交換や修理の場合は、その設備の仕様や本体価格、部品価格が明確であるため工事費を算出しやすいのですが、雨漏りの場合は、雨漏りがしている個所を特定しなければ工事費を算出することができませんので、調査費用が発生する可能性があります。

 

 

~性能の維持・向上に掛かる費用~

性能の維持・向上とは、建物や設備の劣化や使い方の悪さによって生じた工事で、現在と同等あるいはそれ以上の設備・建材を設置して、住まいの性能を維持あるいは向上させるものです。

 

 

一般にリフォームと言われるものの多くがこの部類に属しています。

 

 

たとえば、キッチンが古くなったので、使いやすく最新の設備が搭載されたシステムキッチンに入れ替える、ドアホンを防犯カメラ付きで録画機能がついたものに取り替えるといったことで、結構手軽に行えるものから大掛かりな工事が必要になるものまであります。
この工事の場合、大きく左右するのが材料費です。

 

 

グレードや高性能な材料を採用すれば、当然全体の工事費も高くなります。

 

 

しかし、予算面に関しては、インターネットや雑誌などによって相場を知ることができますので比較的、予算を立てやすいと言えます。

 

 

~リノベーションの場合~

リノベーションの場合、一部分だけに手を加えるというものではなく、住まい全体を変えてしまう工事ですので、単純に住宅設備や建材を入れ替えるという場合と大きく異なりますので、インターネットや雑誌などに掲載されている情報は参考程度に留めて下さい。

 

 

つまり、このリフォームはオーダーメイドのリフォームですので、よく打ち合わせを行い納得のいくものにしてこそ、それだけの費用を出した値打ちが出てきます。
費用面においては新築を建てるくらいの費用が必要な場合がありますので、資金面に余裕を持って行うことをおススメします。

SPONSORED LINK

 - リノベーション, 住宅