『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

紫外線を含む太陽光の影響  知識を身につけ目、肌の老化を防ぐ

      2017/06/30

この記事の所要時間: 38

シミ、そばかすを作る原因となる紫外線。

 

男女問わず防止したいですよね。

SPONSORED LINK

 

今回は紫外線についての豆知識と紫外線対策に焦点を絞って見てみましょう!

 

紫外線が多くなる時期っていつ?

 

紫外線は1年を通して降り注いでいますが、紫外線が最も強くなる時期は5月6月7月で時間帯では午前10時~午後2時頃がピークになるようです。

 

目に入る紫外線が多くなっていくのは朝方と午後から夕方にかけての時間帯になるようです。

 

また「大気の汚れ」も、紫外線にさらされる量を増やす原因になるようです。

 

曇りの日は晴れの日に比べ紫外線の量は減りますが、それでも降り注いでいますので紫外線対策は必要になります。

 

紫外線は目と肌にダメージを与える

紫外線を浴びることは人体に有害です。

 

眼に与えるダメージとしては急性角膜炎や、視力の低下などが挙げられます。

 

さらに白内障の原因ともなります。

 

肌に与える悪影響としては紫外線を浴びることによって発生するメラニン色素や活性酸素でシミ、そばかす、しわがでてきてしまうことです。

 

紫外線を浴び過ぎると更に危険な事態を招いてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

またやけどあとや傷あとに紫外線があたると色素が沈着してしまいます。

SPONSORED LINK

 

そして体の免疫力が低下してしまうこともあります。

 

また肌の老化の9割は紫外線が原因と言われています。

 

具体的な紫外線対策とは?

 

外に出かける時は紫外線から眼を守るためにUVカット入りのメガネ、サングラスを着用しハットを深く被りましょう。

 

肌を守るためには日焼け止めクリームを塗り、肌の露出のない服を着て日傘をさしましょう。

 

紫外線対策は徹底的にやることをお勧めします。

 

気象庁が紫外線毎日UVインデックスで予想していますのでそちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

あまりにも紫外線が強い時は外出を控えましょう。

 

どうしても外出しなければならない時は日陰に入るように心がけて下さい。

 

そうすることで約50%カットすることができます。

 

日焼けはやめたほうがいい

 

色が黒いほうが健康に見えるという考え方もありますが、これだけ有害な紫外線を浴び続けて日焼けするのはやはりやめたほうがいいでしょう。

日焼けはやけどの一種です。

 

どうしても黒くなりたい場合は日焼けサロンに通うことをお勧めします。

ほとんどの日焼けサロンのマシーンは有害な紫外線を含んていませんので安心して利用できます。

ですが念のためお店に確認したほうが良いでしょう。

 

まとめ

太陽を浴びることはリフレッシュしたりするのに良いですが、悪影響の部分があるため出来るだけ浴びないように生活するほうが良いですね。

 

紫外線てこんなにも影響があったんだ!と知るきっかけになれば幸いです。

 

より詳しく知りたい方は一つ一つ深く調べてみると良いですね!

 

参考にして下さい。

 

SPONSORED LINK

 - 対策, 紫外線 , , , ,