『気になるキーワードを何でも記事に』何でも記事情報サイト

シェア ブックマーク リンク コメントはご自由に <気になるキーワードを下の検索に入力してみて下さい>

朝の正しいスキンケアの順番で効果をアップさせる方法。乾燥肌敏感肌の方が潤いを保つには?原因と対策について

   

この記事の所要時間: 42

メイク落としはスキンケアにとって欠かせませんね。

 

けれども、せっかくメイク落としをして、洗顔してから寝ても、朝のお手入れが足りないと皮脂が残ってしまってシミや老化の原因になってしまいます。

SPONSORED LINK

 

朝のスキンケア。そしておすすめの効果的な順番をお伝えします。

★朝こそ洗顔剤で

 

朝は、うるおいが逃げるといけないので、洗顔は水やぬるま湯という方が多いですね。

 

けれども、水だけでは小鼻のまわりやこめかみなど、皮脂は落とせないのです。

 

皮脂の残った皮膚に、化粧水やUVケアなどをしても、脂の膜に邪魔されて成分は入って行きません。

 

そこで、洗顔剤の出番です。肌に負担のないタイプのジェリー状のタイプや泡立てタイプなどがありますよ。

 

やさしくクルクル指の腹で、いらない皮脂は取りましょう。

 

★夏の保湿

 

夏は汗をかくし、さっぱり系の化粧品にシフトしがちですね。

 

朝、洗顔料でさっぱりするのですから、眠る前のクリームは季節をとわずに使いましょう。

 

暑すぎてエアコンをつけたり、扇風機を回しているこの時期は、寝ている間の乾燥で肌が老化しやすいのです。

 

★朝のお手入れの順番

 

1.洗顔・・・肌に負担の少ないタイプを選んで。額の髪の生え際、Tゾーン、唇の下などは皮脂がたまっているので、丁寧に。

 

2.マスク・・・朝こそマスク。はりを保つためには、肌に栄養を足してあげましょう。化粧水の成分が入っているものなど、夜と使い分けすると効果が出ます。マスクを取った後は、手の甲にも美容液をすりこんでおくと、良いですね。

 

3.抗酸化系の美容液・・・抗酸化系のコスメは、皮脂の酸化をふせいでくれるので、UVコスメの前に使いましょう。

 

4.UVコスメ・・・夏の定番ですね。UVと一口に言っても、地表に届く紫外線はUVAとUVB。それぞれ、肌に悪影響をおよぼしますから、SPF50くらいのものが安心です。

 

★時間は?

 

スキンケアにかかる時間は、マスクを入れるなら20分ほど。

 

長~いとおもわれるかも知れませんが、メイクには同じくらいかけていませんか?

SPONSORED LINK

 

この20分は、今日のためでもあり、十年二十年先の美肌のためでもあります。

 

お手入れが足りない場合。皮脂が残っていると、メイクのための肌やけ、角質層の老化になってしまうのです。

 

マスクの時間は、メールやフェイスブックのチェックにあてたり、本を読む、音楽を聞くと豊かな朝のひと時になります。

 

★正しく使い分けて効果をアップ。

 

UVコスメや保湿クリームは朝塗ったらおしまいですか?

 

これらは時間とともに効果が薄くなります。ですから、小分けにして持っているのがおススメです。

 

化粧ポーチの中身は、メイクキット+うるおい保湿と考えて。スプレー式でメイクの上からでもOKのタイプは便利ですよ。

 

★家に帰ったら。

 

先ず、クレンジングです。意外と残ってしまうのが唇。皮膚が薄いので、ゆっくり丁寧にクレンジングをしましょう。

 

洗顔剤も泡で包み込むようにして、昼間の皮脂を取ります。

 

また、普通のお手入れに組み込みたいのが、紫外線の強い時期にこそ必要なリペア系、レチノールコスメです。疲れた肌のターンオーバーの効果があります。

 

乳液やクリームのあとに、顔のリンパ流しも取り入れるといいですよ。

 

額は、マユ頭からこめかみにむかってクルクル。こめかみからすっと下にリンパを流してしまいましょう。

 

頬も、唇の横から頬をクルクルしながらこめかみへ。あとはすっと落とします。

 

ついでに、顎のラインに沿ってクルクル。これは肩に落とします。デコルテも指ですっとなぞって鎖骨の先にリンパを流してしまいましょう。

 

正しいお手入れをして、自分の肌にご褒美をあげる。いらない物は、取り去る。さらにマッサージまで加えれば、安心ですね。

 

モイスティシモ
保湿しても乾燥する原因は↑潤いを保つには

PLAYBOY AGARUSERUM

SPONSORED LINK

 - 化粧品